ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

DNSの逆引き参照ゾーンに登録されているIPアドレスを誤って削除した場合の影響

DNSの逆引き参照ゾーンに登録されているIPアドレスを誤って削除した場合の影響についての質問がフォーラムにありました。普通に考えたら再度、登録をすればいいのですが、ちょっと珍しい内容なので共有します。

 

ここはノウハウの宝庫なので、定期的にチェックをしていて事故を未然に防いだこともあるので、とても勉強になります。

DNSの逆引き参照について

 

現在DNSの逆引き参照ゾーンに登録されているIPアドレスを誤って削除した場合

(存在するIP・サーバなのに削除してしまった等)、

どのような影響がでますでしょうか。

 

結論、逆引きを利用しているシステムでなければ、削除しても問題ないでしょう。影響については、システムエンジニアの新人の頃とかは、あまり理解ができていないので、こういった質問がでてくるかもしれませんね。

 

DNSを誤った削除すると、DNSサーバを参照して名前解決をしていた通信が失敗するというのが影響でしょう。

 

DNSサーバあるあるですが、サーバーリプレイス時などのゴミが膨らみ続けるということがあるので、定期的に棚卸をする運用も重要ですね。