ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 共有フォルダを切断、閉じた後に資格情報を再接続させない、クリアできるか

Windows10 共有フォルダを切断、閉じた後に資格情報を再接続させない、クリアできるかという問い合わせがフォーラムにありました。通常は、資格情報があると助かると思いますが、方法があるのかということで、以下は問い合わせ内容。

 

Windows10からファイルサーバーに接続した共有フォルダについて、端末側でnet use * /d で切断に成功しても資格情報が残っているようで、パスワード無しで共有フォルダに再接続できてしまう場合がありますが、切断時に資格情報を確実にクリアする方法は無いかという質問です。

 

背景として、会社でドメインユーザーを使用していますが、一部に残っている共通ユーザーで作業する際に自分の資格情報を残したくありません。

パスワード無しで再接続できてしまうケースの多くはエクスプローラーを開いている場合で、エクスプローラーを閉じて10秒くらい待ってから再度 net use で接続を試みてパスワードを尋ねられることを確認するようにしていますが、アプリ等は全て閉じ、コマンドプロンプトのみ開いてデスクトップのエクスプローラーを強制終了した状態でもパスワード無しで再接続できてしまう場合があります。

アンチウィルスが原因ではないかとみていますが会社のポリシーで一時的にオフにすることも出来ません。
(自宅PCで同じ症状になったとき、ウィルスバスターを停止しても改善されなかったのでWindowsの問題にも思えます)

このような時もサインアウトすれば確実ですが、解析計算等の長時間処理中にサインアウトするわけにいきません。

今のところ runas しか思いついていませんが、もっと便利な方法があると嬉しいです。

なお、Windows10 Pro 64bit バージョン1903 です。

 

ネットワーク共有の資格情報はキャッシュされ再利用されるので、ログオフ(サインアウト)することとあります。

 

 

その他、ネットで調べると以下のコマンドで資格情報を削除できるような記載がありました。試してはいませんが以下も参考になるかもしれません。

 

cmdkey /delete:<IPアドレス