ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2019のRDPの切断、サインアウトの違い

Windows Server 2019の構築がだんだんと増えてきました。基本的にWindows Server 2016から機能はいくつか増えましたが、大きく変化したわけではないので、サポート期間の観点からは、使用するソフトウェアがサポートしているのなら、2019を導入したほうがいいですね。

 

ただ、開発側だと2019の実績はこれから作っていくというケースが多いようです。さて、基本的な知識になりますが、Windows Server 2019のRDPの切断、サインアウトの違いについての情報になります。

 

サインアウトは、「RDP」のセッションを中断し、セッション中に開始したすべてのアクティブなプログラムが終了となります。これは以前の「ログオフ」または「ログアウト」と同じ動作となります。

 

続いて、「切断」はセッションで開始したすべてのプログラムは、バックグラウンドでアクティブのままです。再接続して、同じセッションを引き続き使用できます。

 

その為、構築中は切断とすることが多いです。ただ、セキュリティの観点からや運用の観点は、切断ではなくサインアウトを使用することが多いです。