ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 コマンドでWi-Fi機能のオン、オフの変更方法

Windows10 コマンドでWi-Fi機能のオン、オフの変更方法について調べていたら、フォーラムに情報がありました。

 

バッチファイルを使って、[設定]>「ネットワークとインターネット」>「Wi-Fi」の画面で「Wi-Fi」を「オン⇒オフ」に変更する方法についての質問になります。

 

ちなみに、Wi-Fi機能が「オフ」の状態で、下記コマンドでネットワークインターフェース「Wi-Fi」を有効にしようとすると、既に有効になっているため、「このネットワーク接続はありません」のエラーが表示されます。
netsh interface set interface "Wi-Fi" enabled

そこで、下記コマンドでネットワークインターフェース「Wi-Fi」を無効にして再度有効にしてみましたが、Wi-Fi機能は「オフ」のままでした。
netsh interface set interface "Wi-Fi" disable
netsh interface set interface "Wi-Fi" enabled

コマンドの実行、レジストリの変更等、何か方法がございましたら、ご教示いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

 

回答によると以下のコマンドで無効にできるようです。※レジストリの SoftwareRadioOff と RFOff が 0から1になる動作とのこと。

 

Set-NetAdapterAdvancedProperty -Name Wi-Fi -RegistryKeyword SoftwareRadioOff -RegistryValue 1 -AllProperties 

 

機内モードも同様にコマンドで変更できるようです。

 

Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\SystemRadioState' -Name '(default)' -Type DWord -Value $value -Force

 

「参考」

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/43a9065b-c9ca-4570-a429-905182a01e32/gui123911239912394123671246712510125311248912391wifi272313302112?forum=win10itprogeneralJP