ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WindowsServer2016 ファイル共有設定で認証(id,password)なしで接続する設定

WindowsServer2016 ファイル共有設定で認証(id,password)なしで接続する設定についての情報になります。

 

Windows10、Windows Server 2016ではデフォルトでファイル共有を設定して、ローカルのフォルダを共有フォルダとして別の端末からアクセスさせることができます。

 

そして、フォルダーを右クリックして、プロパティからフォルダの共有設定ができますが、ここでデフォルトで設定されているのが[everyone]ですが、このアカウントを使用すれば認証なしに設定することができます。

 

このeveryoneにフルコントロール権限を与えることで、そのフォルダに対して書き込み権限を付与できます。

 

逆にファイルの書き込み、削除をさせたくない場合は、読み取りのみ許可します。ただ、通常の運用では、everyoneの権限はセキュリティ的に脆弱になるので、使用することはないと思います。

 

よって、この利用方法は限定的と言えるかもしれません。また、Windowsのファイル共有設定の場合、ネットワーク経由の権限と、ローカルのNTFSの権限の二つが設定できますので、これについては別の記事で説明したいと思います。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウスM185RD 小型 電池寿命最大12ケ月 M185 レッド 国内正規品 3年間無償保証