ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

2020年6月の月例パッチを適用したWindows10でOfficeが起動できないエラー セキュリティソフトAvastが原因

2020年6月の月例パッチを適用したWindows10でOfficeが起動できないエラー セキュリティソフトのAvastが原因のようです。マイクロソフトもこういったソフトが影響するなんて大変ですよね。アンチウィルス対策ソフトがOfficeの起動に影響するとは。

 

記事によると、米Microsoftは6月12日(現地時間)、今月の月例パッチを適用した「Windows 10 バージョン 1903」以降で、「Microsoft Office」が開けない問題が発生していることを公表したとのこと。Avastを利用している人は影響を受けますが、影響は限定的と言えるでしょう。

 

 同社によると、この問題の影響を受けるのは以下のバージョンのWindows 10。累積的更新プログラム「KB4557957」「KB4560960」を適用すると、「Microsoft Office」などで“(実行ファイルのパス)が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください”というエラーが表示され、アプリケーションが開けなくなるという。

Windows 10 バージョン 2004
Windows 10 バージョン 1909
Windows 10 バージョン 1903
Windows Server バージョン 2004
Windows Server バージョン 1909
Windows Server バージョン 1903

 この問題は、特定のバージョンの「アバスト」または「AVG」が原因とのこと。最新版では修正されているという。自動更新機能によるアップデートでいずれ解決されるが、それが待てない場合はAvast社の公式フォーラムの案内に従い、ウイルス対策ソフトの再インストールを行えばよい。Windowsや「Microsoft Office」アプリのアップデートは不要だ。

 

「参考」

2020年6月の月例パッチを適用したWindows 10で「Microsoft Office」などが開けない問題(Impress Watch) - Yahoo!ニュース