ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESET Smart Security アンインストールに失敗、再起動でブルースクリーン

先日、Windows7をようやくWindows10にアップグレードしました。いまだに無償でアップグレードできるのは知らなかったので、早めにやっておけばよかったです。しばらく眠らせていたのですが、今後は利用する予定なので、色々と環境をアップデートしました。

 

その一つが、ESETですがライセンスを買いなおした関係でそのままつかえないのと、ESET Smart Securityは古い製品で、2019年2月28日をもって、ESET Smart Security のサポートを終了していたので、ESET Smart Security から ESET Internet Security への移行が必要ということがわかり、さっそく、アンインストールから実行することに。

 

ESET Smart Security から ESET Internet Security へのアップグレードはできないようなので、スタートメニューからアンインストール。

 

すると、最初、この操作は管理者権限がないとダメという表示が出て失敗。

 

ちなみに削除できない場合は、ツールもありますが、私の場合は、アンインストールの再実行で削除できました。もともと管理者権限だったので表示におやと思いましたが。

 

https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/2757?site_domain=default

 

そして、ちょうど、OSの更新プログラムも適用されていてOSを再起動したらブルースクリーン。このブルースクリーンはESETなのか、更新プログラムが原因なのか不明ですが、自動再起動が走り、その後、問題なく起動しました。

 

アンインストールの時点、ブルースクリーンの時点でちょっと焦りましたが、私の場合は、削除は再実行、ブルースクリーンは繰り返し発生しなかったのでよしとしました。

 

ESETは価格も安いし、処理も重くならないのでおすすめです。