ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

カナル型イヤホンのイヤーピースがすぐになくなる場合の対処法まとめ

普段からテンションをあげる為に、よく音楽を聴いているんですが、音楽は人を幸せにしますよね。


落ち込んだ時は、テンションをあげてくれるし、気分を切り替えたい場合などにもいいです。逆に、どっぷり世界観に浸りたいときは、敢えて暗い曲を聴いたりします。音楽で人生救われたという人もいるかもしれません。音楽は人を幸せにします。私もその一人です。


そして、私は寝る前に音楽を聴いて、そのまま寝落ちすることが多いのですが、そこで使っているイヤホンがカナル型イヤホンです。


購入してからかなり経過しますが、今も利用しているコンビニで品質が高くてお勧めのイヤホンがこちらです。※過去のレビュー記事の抜粋です。

 

ファミリーマートハンズフリーイヤホンが重低音が効いてコスパよくてセブンを凌駕!


"STEERO EARPHONES HANDS FREE ステレオイヤホンハンズフリー" アルミハウジングを採用し、クリアで迫力あるサウンドを実現とのこと。今回、この商品を選んだ理由は、ハンズフリー機能がついている事です。私はよく家族と電話をするので、歩きながら通話ができるのはいいですね。


また、絡みにくいフラットケーブルが採用されていて、ポケットなどにケーブルを入れて絡んでイライラする事がないのがいいですね。

f:id:merrywhite:20200507195459j:plain

商品は、遮音性の高いカナルタイプで、4サイズのイヤーパッドがついています。ちなみに、使用できない機種があるので注意が必要です。開封後です。

f:id:merrywhite:20200507195548j:plain


4サイズのイヤーパッドです。耳のサイズに合わせて付け替えます。

f:id:merrywhite:20200507195603j:plain

見た目も高級感があっていいですね。価格も1500円くらいなので、わりと安いです。他にもパナソニック製の1000円くらいのイヤホンもありました。

そして、実際に使用した感想ですが、音が確かにクリアでかつ、重低音がしっかりと出ていて、この価格帯のイヤホンにしてはクオリティが高いと思いました。


前回、購入したセブンイレブンのイヤホンとは全然、クオリティが違いますね。500円くらい足してこの差があるんだったら、断然、このイヤホンを購入した方がいいと思います。

 

今回、このイヤホンはかなり気に入ったので、今後は買い替え時はファミリーマートで購入しちゃうかも。ファミリーマート意外と侮れないです。コンビニよって色んなイヤホンがあります。ワイヤレスイヤホンもありますし、緊急でイヤホンが必要になった時は、かなり助かります。ということもあり、個人的にコンビニでついついイヤホンを購入する機会が増えてしまいます。

 

カナル型のイヤホンのメリット、デメリット


そして、このカナル型のイヤホン。色々とメリットがあります。


最近のコンビニでもよくみかけるタイプのカナル型イヤホンのメリットとしては、これまでのイヤホンと違い、耳の奥に挿して鼓膜にダイレクトに音がくるので迫力が出やすいですよね。


さらに、音が密閉されれるので、音が聞き取りやすいというところもあります。最大のメリットはやはり遮音性でしょうか。個人的には耳栓代わりにも利用することがあるくらいです。


また、電車やバスなど周りの音がうるさい場面では外部の音を遮音してくれるので音楽に集中できます。

 

一方、デメリットとしては耳穴を圧迫するので痛みが生じることがあります。その為、色んなサイズのイヤーピースが装着できるようになっています。


この便利なカナル型イヤホンですが、最大の弱点があります。それは、イヤーピースが簡単にとれることです。


こんな悲惨な状態になっている人がいるのではないでしょうか。こうなると、もう使い物になりません。

f:id:merrywhite:20200507195720j:plain


実はこの状態になったイヤホンが2つあります。これ何度この状態になったかというくらい切ない状態です。家の中ならまだ見つけることができますが、外で起きたらまず見つけることは不可能。たまにポケットに入っていることもありますが、簡単にとれやすいです。


では、、、新たにまたイヤホンを購入しないといけないのか。イヤホン自体はまだ使えるのでとてももったいない。


ということで、今後の対策を考えてみました。現状はイヤーピースがない状態です。通常ならイヤホンを新たに買う事になりますが、イヤーピースは紛失しやすいので、それだけの為に買い替えたくないんです。


対策① 瞬間接着剤などで簡単に外れないようにする

まず、簡単に思いつく方法としては、簡単に外れないように瞬間接着剤などで簡単に外れないようにする方法です。


これで簡単にははずれなくなります。手軽ですし、簡単です。ただ、弱点としては、他のサイズと取り外しができなくなります。それを許容できるのであれば、接着剤お勧めです。

 

個人的にはこれが一番おすすめです。まずとれないですというか、当たり前にとれないです。ただ、サイズを後から変えられないというデメリットもあるので、自分にあったサイズを選んでから接着するといいです。※ちぎって削れがOKですが。

 

商品の説明
サイズ:20ml  |  スタイル名:1本  |  カラー:クリア
屋外使用に耐える、抜群の耐久性! 
驚きの耐熱性(-60℃~120℃)耐水性・耐衝撃性! 
万能に限りなく近づいた超多用途接着剤。

 

使い方は、ゴム系接着剤と同じ仮止め不要の簡単接着。
しかも安心の完全無溶剤、100%固形分なので凹凸面への接着もOK! 
透明なプラスチックの接着にも目立たないクリア

 

接着剤も色々とありますが、接着が強力なものがおすすめです。
 

対策② イヤーピースを別で買っておく

イヤーピース(イヤーパッド)を別で買っておくと、紛失した時に助かります。

【商品説明】

「フォームチップ」
●フォームチップのイヤーピースは、ポリウレタンで出来ています。
イヤーウィスパーの耳栓と同じような低反発フォーム素材で、耳穴とのフィッティング性は非常に高い、遮音性も装着感も抜群です。
●優れたソフトで快適な素材、インポートされた材料、非アレルギー性、非毒性、副作用なし。
●音楽やサウンド、特に低音強化されました。
●外部ノイズアイソレーション、瞑想と音楽の楽しさを楽しみます
適用性:口径4mm-5.5mmのイヤホンに対応。

 
これ1000円以下で、12個セットなのでコスパはいいと思います。特に高いカナル型イヤホンを購入している場合は、買っておくと助かると思います。


私も色んなメーカーのイヤホンとイヤーピースを組み合わせていますが、正直、多少の形状の違いがあります。ただ、装着できなかったことはないので、100%使えるとはいいませんが、たいてい装着できるのではないかと思います。


対策③ 安いイヤホンならイヤホンを買い替える

そして、最後は対策でもなんでもないですが、1000円以下の格安のイヤホンを使っている場合は、イヤーピースの価格と変わらなくなってしまいます。


格安のカナル型イヤホンを使っている場合は、買い替えるほうがコスパがいいかもしれませんね。


ちなみに、失くす方は鞄の中、ポケットの中に入れておいても失くしているという方もいました。


私は就寝時になくすことが多いです。ということでカナル型イヤホンのイヤーピースを紛失して困っている方は、参考にしてみてください。