ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 platinum host service CPU使用率が高い場合に停止しても大丈夫か

自宅のWindows10は8GBメモリを搭載しているのですが、使い続けているとだんだんと重くなります。その為、定期的にブラウザの再起動をしています。主に重くなる原因がGoogleChromeの為。

 

そして、PCを重くする原因となるものの一つがウイルス対策ソフトがあります。これはファイルのI/Oが走るとリアルタイムスキャンが実行されるからなのですが、それ以外にもCPU、メモリなどのリソースを消費することがあります。

 

これに関連してplatinum host serviceの影響でCPU使用率が高い場合が発生することがあるようですが、停止しても大丈夫でしょうか。

 

このサービスについて情報があったのですが、こちら

platinum host service について - マイクロソフト コミュニティ 

 

 

以下は抜粋。

 

今まで知らなっかったplatinum host serviceがどうも影響してるように思えます(タスクマネージャー:常にCPU50%以上)
何カ月も問題なかったのになぜ今ごろと言う感じです。
ウィルスバスターのバージョン、アップデートとも最新です。
CMDでの「C:\>net stop "Platinum Host Service"」がうまく行かず
タスクマネージャーでタスク終了してパソコンを再起動すると元のように軽くなりました。
タスクマネージャーでタスク終了して再開の方法がよく分かりませんでした。添付ファイルの現在のタスクマネージャーの表示はCPU50%以上だったのがわずかに。

 

この質問者がメーカーのトレンドマイクロに質問した結果、「platinum host service を停止してしまいますとウイルスバスターの機能の影響を及ぼす可能性が非常に高いです。」とあり、無効にできないということになりますが、結果、CPU使用率は高いままで使い続けないといけないということになります。

 

その他、ネットで調べていると、PtSvcHost.exeのプロセスが異常動作を起こしてパソコンが重い状態になってしまうことがあるため、その場合は一時的な対応として停止することをおすすめしているという内容もありますが、一時的に停止して復旧するのならいいですが、、、中にはCPU使用率が100%になることがあるそうです。

 

あまりにPCが重いようなら別のアンチウィルスソフトに変更するのもいいかもしれないですね。自宅はESETを使っていますが、快適です。