ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

RDP(リモートデスクトップ)の受信ポートを規定の3389から変更する

これまで変更するニーズはありませんが、RDP(リモートデスクトップ)の受信ポートを規定の3389から変更する方法についての記事です。

 

変更することがあるとしたら、、、セキュリティ的に既定のポートを隠蔽するとかですかね。ウイルスが規定ポートに接続しに行くというのを聞いたことがあるので、RDP接続で複数回ログイン失敗とかでていたら注意らしいとか。

 

そして、変更する手順は以下が参考になります。

 

お使いのコンピューターでリモート デスクトップ用のリッスン ポートを変更する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/remote/remote-desktop-services/clients/change-listening-port 

 

適用先:Windows 10、Windows 8.1Windows 8Windows Server 2019、Windows Server 2016、Wndows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2

 

変更手順

 

レジストリ エディターを起動します。 (検索ボックスに regedit と入力してください。)
②次のレジストリ サブキーに移動します。HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp\PortNumber
③[編集] > [修正] の順にクリックし、次に [10 進数] をクリックします。
④新しいポート番号を入力し、次に [OK] をクリックします。
レジストリ エディターを閉じて、コンピューターを再起動します。

 

次回リモート デスクトップ接続を使用してこのコンピューターに接続したときには、新しいポートを入力することになります。

 

また、サーバ側だったり、間のネットワークでファイアウォールを使用している場合は、新しいポート番号への接続を許可するようにファイアウォールを構成する必要があります。

 

ただ、これまでインフラエンジニアをしていてここを変更した話は聞いたことがないですが、ご参考までに。