ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

GoogleChromeに保存されたWEBサイトのパスワードのエクスポート

PC環境を移行する場合に、個人的に重要なのがブラウザに登録されたID、PW情報です。

 

これがないとそのままログインできなくなるということもあり、意外と要注意です。何かしらにパスワード情報を保管しているならいいですが、パスワードを忘れるとかなり焦るので、正しいのはパスワード管理ソフトを利用することですね。

 

そして、それは別として、GoogleChromeに保存されたWEBサイトのパスワードを確認する方法があります。

 

保存したパスワードを表示、削除、エクスポートする

 

保存したパスワードを表示、削除、エクスポートする手順です。

 

①パソコンでGoogle Chrome を開きます。
②右上のプロフィール(丸い人アイコン) 次へ パスワード(カギマークアイコン)をクリックします。
③パスワードを表示、削除、またはエクスポートします。

・表示: ウェブサイトの右側にあるパスワードを表示 プレビュー をクリックします。パソコンをパスワードでロックしている場合、パソコンのパスワードを入力するよう求められます。

・削除: ウェブサイトの右側にあるその他アイコン その他 次へ [削除] をクリックします。

・エクスポート: [保存したパスワード] の右側にあるその他アイコン その他 次へ [パスワードをエクスポート] をクリックします。

 

ここで表示して確認することもできますし、エクスポートすることもできます。パスワードのエクスポートを選択すると、以下のメッセージが表示されますが、そのままエクスポートします。

 

パスワードのエクスポート
エクスポートしたファイルを閲覧できるユーザーにパスワードを知られてしまう可能性があります。

 

そして、Windowsのログインパスワードを入力すると「Chrome パスワード.csv」というCSVファイルが作成されますので、ローカルに保存することができます。普段、ブラウザだけで管理している場合は、何かあった時(PC移行、ブラウザのデータ消去)に助かることがあるので、エクスポートしておくと助かることがあるかもしれませんね。

 

参考元

https://support.google.com/chrome/answer/95606?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

 

夏向けの格安扇風機