ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Adobe Flash Playerのインストール時に「初期化に失敗しました」のエラー表示

Adobe Flash Playerのインストール時に”初期化に失敗しました”のエラーが表示されました。


環境としては、IE11をインストールされたWindows7で、別のブラウザ(FireFox)も一緒に利用する環境で、FireFoxでFlashPlayerをインストールしてくださいとのメッセージが表示されました。


IE11からは、Flash PlayerはIEに同梱されるようになり、Flash Playerをインストールしなくても、IE11の場合は、Flash動画が閲覧できるようになりました。しかし、Flashの更新は、マイクロソフトの更新プログラムになり、逆に仕組みが分かりにくくなりました。


そして、IE11の同梱されているFlash Playerでは、他のブラウザは認識されないようで、個別でFlash Playerをインストールしないといけないようです。


この変更って、逆に利用者からしたら分かりにくいのではないかと思いますが。。。


さて、IE11が入った環境で、FireFoxなどの別のブラウザでFlash動画を見るためには、個別でFlash Playerをインストールする必要があります。


前置きが長くなりましたが、こういった環境で、Flash Playerをインストールしようとしたら、「初期化に失敗しました」のエラーが表示されたわけです。


そこで、解決方法が、公式サイトにありました。

>>Flash Player ヘルプ / Flash Player レスキュー! - インストール時に問題が発生したら

https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cpsid_82697.html

 

以下は抜粋です。

 

インストール時に問題が発生したら

Flash Player のインストールに失敗する場合は、以下のスタンドアロンインストーラーをダウンロードして実行してください。

注意 : プロキシサーバーを介してインターネットに接続している場合(会社からなど)、ダウンロードセンターからのインストーラーダウンロードに成功しない場合があります。その際は、以下のインストーラーをご利用ください。

注意 : 64 ビット版 Internet Explorer がサポートされるのは、Windows 7 以降です。

 

上記エラーが表示された場合は、スタンドアロン版をインストールする事で解決される可能性があります。


私の場合は、「Windows」-「その他のブラウザ」を選んで、ダウンロードしたものをインストールしたら、問題なくインストールできました。


Adobeのソフトって、オフライン環境や、複数のブラウザが入っている環境などでうまくインストールできないことがあるので、意外とはまりやすいソフトウェアですよね。

FireFoxとIE11を併用している環境で、インストールがうまく行かない場合は参考にしてみてください。