ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

FireFoxでWindowsの証明書ストアを参照する設定

会社や自宅でPCで使っているブラウザはそれぞれだと思いますが、ブラウザによって設定だったり、動作が異なることがあるので、注意が必要です。

 

最近では企業でもセキュリティの意識が高まっており、証明書を使用した暗号化通信を社内でも行っていることが増えていると思います。ネットワークのスイッチでいうと、telnetではなくsshになったり。

 

そういった証明書運営では、WEBサーバで安全な接続とする為に、PCにルート証明書を配布することになると思います。windowsの証明書ストアはIEはデフォルトで参照するので問題ないのですが、FireFoxの場合は、格納場所が異なるので、個別にインストールしないと警告画面がでることがあります。

 

FireFoxルート証明書を手動でインポートするのもいいですが、個別管理はやはり面倒とうことで、FireFoxWindowsストアを参照させるように設定することも可能です。

 

これにより、わざわざ証明書を準備してインストールするという手間が省けるのでおすすめです。

 

オプションを有効にするには、FireFoxを起動して、アドレスバーに「about:config」と入力し、「security.enterprise_roots.enabled」を「true」に設定することでWindowsストアを参照するようになります。

 

ただこれだと個別に設定するのが面倒で、PCの数が多いと設定が大変なので、GPOなどで一斉設定が可能かは別途、調査したいと思います。