ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10、2016でホストの同期、OneSyncSvc_数字サービスを無効化する方法

Windowsでは使用しない不要なサービスをあらかじめ停止することで、PCの動作を軽くしたり、不要な通信を止めてセキュリティを強化することができるようになります。

 

その為、Windows Serverなどでは不要なサービスを整理して停止しておくことがあります。Windows Serverはその辺があんまり考慮されておらず、Windows10の不要なサービスが起動していることがあります。

 

そして、Windows10、Windows Server 2016でGUIで無効化できないサービスがありますので、紹介します。

 

Windowsのバグではないかと思ってしまいますが、ホストの同期、OneSyncSvc_数字サービスを無効化する方法を紹介します。


これを「サービス」スナップインや「SC.EXE」コマンドを使用して、サービスのスタートアップを変更しようとすると、サービスは「パラメーターが間違っています」と表示されます。


以下は実際に無効化した状態ですが、通常のサービスからは無効化できません。

f:id:merrywhite:20200428172153j:plain


これはテンプレートサービスというものらしく、@ITで「Windows 10で増殖する“謎サービス”」という題名で、詳しく説明されています。ちなみに、この類のサービスは一つだけでなく複数あり、GUIで停止しようとしてもエラーがでて停止できません。


こちらのサービスを無効化する方法は、レジストリから変更できます。


場所
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc]

「ホストの同期_XXXX」サービスの場合は、「OneSyncSvc_XXXX」と「OneSyncSvc」の2つの項目がありますが、「OneSyncSvc」のstartの値を「4」に変更することで変更が反映されます。※XXXXは数字の羅列です。


ちなみに「ホストの同期_XXXX」の数字の部分は再起動するたびに変化します。これは、「OneSyncSvc」を毎回読み込んでいるためと思われます。


また、こういった無効化できないサービスは増え続けているようで、バグではないかと言われてますが、不要と判断した場合は、動作確認を行ったうえで、変更してもいいかと思います。