ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

リモートデスクトップゲートウエイサーバーが一時的に使用できません。 RemoteApp エラー

RemoteAppを利用しようとしたところ、以下のエラーが表示されて接続に失敗する事象が発生しました。

 

「このコンピューターはリモートデスクトップコンピューターに接続できません。リモートデスクトップゲートウエイサーバーが一時的に使用できません。」


タスクマネージャーで確認したら、アプリケーションとしてはリモートデスクトップになっていたので、RDPの問題かと思い、いろいろと調査。


すると、リモートデスクトップ接続できないというケースは以下の問題が考えられるとありました。

 

ISPリモートデスクトップで使用するポートが許可されていない
・使用したユーザーアカウントがリモートからの接続を許可する設定になっていない
・使用したユーザーアカウントが「Remote Desktop Users」グループのメンバーになっていない


ただ、エラー内容とはちょっと違うなぁと思っていたら、どうも問題が発生したのがコンピューター証明書を差し替えたタイミングで発生していることが発覚。

 

>>リモート デスクトップ ゲートウェイ サーバー用の証明書を構成する

https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2008-R2-and-2008/cc732329(v=ws.11)?redirectedfrom=MSDN


リモートデスクトップゲートウエイサーバーって接続に証明書を利用するみたいです。また、証明書の差し替えにあたり、コンピューターのコンテナに格納していたこともあり、キャッシュが効いて、過去の情報を使ってアクセスした為にエラーが表示されていたようです。


その為、IEのインターネットオプションの「SSL状態のクリア」を実行することで、キャッシュ情報がクリアになり、接続できるようになりました。


また、キャッシュ情報はコンピュータの再起動まで情報が保持されますので、証明書が格納されているコンピューターを再起動することでも、同様の効果が得られます。

 

その他、オフライン環境では、ルート証明書に関連する問題も発生することがあるので、証明書関連の問題は切り分けには時間がかかることがありますので要注意ですね。