ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VBScriptでエラーを無視して次のコマンドを実行させる方法

VBScriptで必ずではないですが、エラーが出力されることがあります。必ずそのスクリプトが実行される必要はない為、エラーを出力されないようにしたいと思い、エラーを表示させない方法を探していたら以下のマイクロサイトのサイトの情報を発見しました。

>>On Error ステートメントマイクロソフト

https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/windows/scripting/cc392473(v=msdn.10)?redirectedfrom=MSDN


電力取引監視等委員ラー処理を有効にするには、以下のコマンドを実行します。

>On Error Resume Next

電力取引監視等委員ラー処理を有効にするには、以下のコマンドを実行します。

>On Error GoTo 0

 

ちなみに、動作確認したところ、二つのVBScriptを作成し、一つ目のVBScriptに「On Error Resume Next」を入れ、二つ目のスクリプトにわざと実行エラーが表示される構文を入れて、実行したら以下のエラーが表示されました。

 

エラー:オブジェクトがありません。
コード:800A01A8
ソース:Microsoft VBScript実行時エラー


また、「On Error Resume Next」を二つ目のスクリプトの冒頭に入れると、エラーは表示されなくなります。


このコマンドは、スクリプト自体の問題を解決するものではないので、利用する場合は、エラーをスキップしたいコマンドがある場合など、限定的に利用するのが望ましいと思います。


VBScriptでエラー出力させたくない場合は参考にしてみてください。