ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Linux、CentOSで64bitのサーバに32bitと64bitのRPMパッケージをインストールする

Windows10の端末であるあるなんですが、Windows10は64bit対応なのですが、アプリによって32bit版しかないものもあったり、32bit、64bitの両方があるケースがあります。


32ビットしかない場合は、それをインストールするしかないですが、両方ある場合は、OSに合ったものを入れないと、動作がおかしくなることがあります。以前も、FireFoxGoogleChromeを64ビット版OSに32ビット版をインストールして、動作が重いという現象がありました。


では、LinuxCentOSで64bitのサーバに32bitと64bitのRPMパッケージをインストールすることが可能なのかということですが、当然、可能です。


参考になるのはこちら。

Red Hat Enterprise Linux 64 ビットシステムに 32 ビットと 64 ビットの RPM パッケージをインストールする

https://access.redhat.com/ja/solutions/1521713 

 

Issue
Red Hat Enterprise Linux 64 ビットシステムに 32 ビットと 64 ビットの RPM パッケージをインストールするには
64 ビットシステムに 32 ビットパッケージをインストールするには


続きは、アカウントがないと読めませんが、両方のパッケージをインストールすることは可能です。


サーバにインストールするソフトウェア、ミドルウェアの要件に合わせて必要なパッケージをインストールする必要があります。

 

実際にyumでインストールする場合は、<パッケージ>.i686とすると32bit版のパッケージを適用することができます。rpmでパッケージをインストールする場合は、準備したパッケージを適用するだけでOKです。ちなみに、RHEL7のDVDイメージには、64bitも32bitも入っていますが、CentOSはイメージが別になりますので、個別にisoイメージを落として準備する必要がありますのでご注意ください。