ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

RHEL7、CentOS7 hostsファイルにホスト名を入力する順番について

RHEL7、CentOS7 hostsファイルにホスト名を入力する順番について、設定と動作確認してみました。


まずは、現状の設定を確認します。

[root@TestServer ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1 testserver localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

続いて、pingを実行してみます。「testserver」から応答があります。
[root@TestServer ~]# ping testserver
PING testserver (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from testserver (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.027 ms
64 bytes from testserver (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.044 ms
^C
--- testserver ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 999ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.027/0.035/0.044/0.010 ms

 

そして、hostsファイルを修正しました。「testserver」の位置を「localhost」の後ろに。

[root@TestServer ~]# vi /etc/hosts
127.0.0.1 locahost testserver localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

 

続いて、pingを実行。すると「testserver」ではなく「localhost」から応答がありました。

[root@TestServer ~]# ping testserver
PING locahost (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from locahost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.015 ms
64 bytes from locahost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.033 ms
64 bytes from locahost (127.0.0.1): icmp_seq=3 ttl=64 time=0.074 ms
^C
--- locahost ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 1998ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.015/0.040/0.074/0.025 ms

 

Pingの応答はありますが、hostsファイルに記述する順番で、リプライで表示されるホスト名が変わります。また、以前も確認しましたが、hostsファイルの変更は、設定した段階で即時変更されます。


後、名前解決の順番は、hostファイル→dnsのようです。このあたりも実際に動作確認が必要です。ちなみに、Windowsの場合は、DNSサーバよりhostsファイルが優先されます。こちらは動作確認済みです。