ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

CentOS7、Linux7のhostsファイルの設定変更はオンライン、即時反映される

サーバを運用していて気になるのが、設定変更にサービスやサーバの再起動が必要になるかではないでしょうか。


そして、今回は、CentOS7、Linux7のhostsファイルの設定変更は即時反映されるか確認してみました。hostsファイルの変更は運用中でも発生することがある設定なので気になりました。


自宅の環境にLinuxがないので、CentOSで代用しました。OSのバージョンはCentOS7.4です。


まず、現状のhostsファイルの設定確認です。

 

[root@CentOS74 ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1 localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6


続いて、localhostに対してpingを実行します。問題なく応答がかえってきます。

[root@CentOS74 ~]# ping localhost
PING localhost (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.079 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.034 ms
c64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=3 ttl=64 time=0.035 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=4 ttl=64 time=0.035 ms
^C
--- localhost ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3001ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.034/0.045/0.079/0.020 ms


続いて、hostsファイルを編集します。

[root@CentOS74 ~]# vi /etc/hosts
127.0.0.1 testserver localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

「wq!」で上書き保存。


続いて、設定の確認。

[root@CentOS74 ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1 testserver localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6


変更後のサーバ名に対してpingを実行してみます。特にサービスの再起動なく、追加したサーバー名から応答がありました。

[root@CentOS74 ~]# ping testserver
PING testserver (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from testserver (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.013 ms
64 bytes from testserver (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.033 ms
64 bytes from testserver (127.0.0.1): icmp_seq=3 ttl=64 time=0.034 ms


ということで、結論はhostsファイルの変更は即時反映されるということですね。以前から気になっていたので、動作確認してみました。最新のバージョンはCentOS7.7ですが同様の動作となります。