ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vRealize Operations Manager SSHを有効にしてリモート接続可能にする

vRealize Operations Managerのデプロイ後、リモートで仮想アプライアンスに接続できるようにしたいケースがあると思います。


製品によっては、デプロイ時に有効、無効の設定が可能な場合もありますが、vRealize Operations ManagerSSHを有効にしてリモート接続可能にするには、アプライアンスに接続してから変更する必要があります。


今回は、仮想アプライアンスとしてデプロイするvRealize Operations Manager6のSSHの有効、無効にする手順を紹介します。


参考情報は公式サイトです。

vRealize Operations Manager ノードで SSH を有効または無効にする

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/6.5/com.vmware.vcom.core.doc/GUID-33CC7DAE-1D4C-4B0A-94C7-1E7A25A08B0A.html


以下は抜粋です。

----
トラブルシューティング用に、vRealize Operations Manager ノードで Secure Shell (SSH) を有効にすることができます。たとえば、サーバをトラブルシューティングするには、サーバへのコンソール アクセスが必要になることがあります。これは SSH を通じて行います。通常の運用には、vRealize Operations Manager ノードで SSH を無効にしてください。
---


続いて手順です。

【手順】
①vCenter から、vRealize Operations Manager ノードのコンソールにアクセスします。
②Alt + F1 キーを押してログイン プロンプトにアクセスし、ログインします。
③#chkconfig コマンドを実行します。
sshd サービスがオフの場合は、#chkconfig sshd on コマンドを実行します。
⑤#service sshd start コマンドを実行して sshd サービスを起動します。
⑥#service sshd stop コマンドを実行して sshd サービスを停止します。


基本はLinuxベースで作られているので、仮想マシンコンソールにログインし、コマンドでSSHの有効、無効を設定します。