ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VCSA、PSCの仮想アプライアンスでシステム時刻確認、時刻同期設定変更コマンド

vCenterサーバ、PSCサーバの時刻設定はデプロイ時に設定するので、そのあと、変更することは少ないと思いますが、VCSA、PSCの仮想アプライアンスでシステム時刻確認、時刻同期設定変更コマンドがあるので紹介します。


参考情報は公式サイト。
vCenter Server Appliance シェルの API コマンド

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.5/com.vmware.vsphere.vcsa.doc/GUID-CCC172CB-7CCB-41E4-B46A-0B5876E24EF5.html


システム時刻を取得します。
>com.vmware.appliance.version1.system.time.get

 

時刻同期設定を取得します。
>com.vmware.appliance.version1.timesync.get

 

時刻同期設定を設定します。
>com.vmware.appliance.version1.timesync.set


また、同一ページに仮想アプライアンスのバージョン、リビジョン番号を確認するコマンドも紹介されていますので、参考にしてみてください。時刻同期の設定自体はGUIで実施するかもしれません。実際に時刻同期がとれているかをログとして取得したい場合などに知っておくと便利かと思います。