ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

RHEL7、CentOS7でファイルシステムのディスクサイズをG、M単位をつけて表示する

最近、仕事でLinuxを操作する機会が多いですが、Windowsと違い、直感的に操作できないので、コマンドをしっかりと覚えておく必要がありますね。


ただ、普段から操作しないとコマンドってすぐに忘れるので、定期的に自宅でも操作する癖をつけたいたほうがよさそうですね。


さて、RHEL7、CentOS7でファイルシステムのディスクサイズをG、M単位をつけて表示するコマンドについて備忘録です。


まず、サーバにログインして、「df」コマンドをたたくと、以下のように表示がわかりにくいです。

 

【書式】
df [オプション] [ファイル]

 

[root@TestServer ~]# df
ファイルシス 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos_centos74-root 17811456 4184184 13627272 24% /
devtmpfs 917532 0 917532 0% /dev
tmpfs 933512 0 933512 0% /dev/shm
tmpfs 933512 9224 924288 1% /run
tmpfs 933512 0 933512 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 1038336 182580 855756 18% /boot
tmpfs 186704 12 186692 1% /run/user/42
tmpfs 186704 0 186704 0% /run/user/0

 

続いて、「メガバイト」表示にします。

[root@TestServer ~]# df -m
ファイルシス 1M-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos_centos74-root 17394 4087 13308 24% /
devtmpfs 897 0 897 0% /dev
tmpfs 912 0 912 0% /dev/shm
tmpfs 912 10 903 1% /run
tmpfs 912 0 912 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 1014 179 836 18% /boot
tmpfs 183 1 183 1% /run/user/42
tmpfs 183 0 183 0% /run/user/0

 

さらに分かりやすいのが、単位をつけて表示します。

[root@TestServer ~]# df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos_centos74-root 17G 4.0G 13G 24% /
devtmpfs 897M 0 897M 0% /dev
tmpfs 912M 0 912M 0% /dev/shm
tmpfs 912M 9.1M 903M 1% /run
tmpfs 912M 0 912M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 1014M 179M 836M 18% /boot
tmpfs 183M 12K 183M 1% /run/user/42
tmpfs 183M 0 183M 0% /run/user/0

 

他にもオプションがありますが、よく使うのは「df -h」ですかね。ちなみに知らなかったのですが、「df -a」ではダミーファイルも含めてゼロサイズのすべてのファイルを表示することができるそうです。