ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

expingの実行結果で備考欄にホスト名を表示させる

最近はネットワークエンジニアというよりは、サーバーを構築、運用することが多いのですが、たまーにネットワークエンジニアの仕事もします。


そして、以前の現場で聞かれたのがexpingの実行結果で備考欄にホスト名を表示させるにはどうしたらいいかというものです。


普通に触っていたらわかることだと思いますが、exping自体を操作し慣れていない方で、そもそも、そんな表示設定ができるなかという人もいると思いますので、expingの実行結果に、ホスト名を表示させる方法を紹介します。


設定方法は簡単なんですが、対象タブで、IPアドレスの続きで、半角スペースを入れてホスト名を入れるだけです。例えば、192.168.1.1のtestserverにpingを実行する場合は以下のような感じで設定します。

f:id:merrywhite:20200405065434j:plain



すると実行結果の備考に設定したホスト名が表示されるようになります。

f:id:merrywhite:20200405065443j:plain

 

IPアドレスだけだとなんのサーバーかわからないという場合に便利です。ちなみにExPingはネットワークの疎通テストだけでなく、サーバの構築などにも便利なので、たまに使用します。