ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10とWindows Server 2016のHyper-Vの機能の違い

自宅で検証をしたいという場合に、普段使っているパソコンを利用するケースがあると思います人によってはサーバーを自宅において検証している方もいるあもしれません。


そして、自宅で気軽に仮想化環境を作りたい場合に便利なのがHyper-Vですが、Windows10でも利用できます。ただし、ホームエディションは利用できないので注意してください。


続いて、Windows10とWindows Server 2016のHyper-Vの機能の違いについては、マイクロソフトのサイトに説明があります。


情報元はこちら。
WindowsHyper-VWindows Server の Hyper-V の相違点

https://docs.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper-v-on-windows/about/


サイトによると、一部の機能は、Windows 上の Hyper-V と、Windows Server で実行されている Hyper-V とで動作が異なるそうです。


Windows Server のみで使用できる Hyper-V 機能:

ホスト間での仮想マシンのライブ マイグレーション
Hyper-V レプリカ
仮想ファイバー チャネル
SR-IOV ネットワー キング
共有 .VHDX

Windows 10 のみで使用できる Hyper-V 機能:

クイック作成と VM ギャラリー
既定のネットワーク (NAT スイッチ)
Windows 上の Hyper-V では、メモリ管理モデルが異なります。 サーバーでは、HYPER-V でメモリをバーチャル マシンのみが、サーバーで実行されていることを前提に管理されます。 Windows 上の Hyper-V では、ほとんどのクライアント コンピューターが仮想マシンだけでなく、ホスト上のソフトウェアも実行している、という前提でメモリが管理されています。


自宅でWindows10でHyper-Vを構築しようと考えている方は参考にしてみてください。