ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WindowsServer2016 IIS10用URL Rewrite Moduleのダウンロード先

グーグルの検索で中々見つからないので、シェアします。IISでhttpからhttpsへリダイレクトする際に使える便利なツールが「URL Rewrite Module」ですが、デフォルトでIISにインストールされていないので、別途、マイクロソフトからダウンロードして、インストールしてあげる必要があります。


ググると、IIS7の古いバージョンのURLがヒットするので、Windows Server 2016で利用できるIIS10用のURL Rewrite Moduleのダウンロード先を紹介します。


URLは以下になります。

Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS (x64)

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=47337


システム要件の抜粋です。「Windows Server 2016」がしっかりと入っていますね。

 

Windows 10 , Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016

Internet Information Services 7 or above must be installed
IIS 7 supports a new shared configuration environment, which must be disabled on each server in a web farm before installing the URL Rewrite Module for each node. Note: shared configuration can be re-enabled after the URL Rewrite Module has been installed.

 

こういったソフトウェアをインストールする場合は、しっかりとシステム要件などはチェックしておきましょう。


続いて、インストール手順です。

 

インストールパッケージを管理者として実行する必要があります。これは、次のいずれかの方法で実行できます。

 

①「管理者」という名前の実際のアカウントを使用してサーバーにログインします。
②管理者権限を持つアカウントを使用してログオンし、Windowsプログラムの[ アクセサリ ]メニューにある[ コマンドプロンプト ]メニュー項目を右クリックし、[ 管理者として実行]を選択してコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力します。

>msiexec /I rewrite_2.0_rtw_x64.msi

 

コマンドが書いていますが、普通に実行してインストールしても使えましたが、手順が書かれているので、上の通りインストールしたほうがいいでしょう。