ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

iDracの仮想コンソールで同じ端末からのセッションが重複で接続できない

DellのサーバーでiDrac経由で接続して、仮想コンソール起動したところ、同じ端末からのセッションが重複で接続できないという事象が発生しました。


iDracは何度も利用していて、既存セッションがある為に、新しいセッションがはれないという事象ははじめてで、ネットで検索してもいい情報がありませんでした。


接続すると、既存のセッションに対してのアクションが表示されます。以下はiDrac6の時の情報です。

 

iDRAC6への最初の仮想コンソールセッションはフルアクセスセッションです。次のユーザーが仮想コンソールセッションをリクエストした場合は最初のユーザーに通知され、次のユーザーに共有リクエストを送るためのオプション(承認、拒否、読み取り専用許可)が表示されます。次のユーザーには他のユーザーがコントロールしていることが通知されます。最初のユーザーが自身より後の各ユーザーの共有リクエストに対して30秒のタイムアウト以内に反応しない場合、cfgRacTuneVirtualConsoleAuthorizeMultipleSessionsオブジェクトの値をもとに仮想コンソールアクセスが与えられます。このオブジェクトは2つ目、3つ目、4つ目のセッションで使用されるプラグインタイプ(ActiveXまたはJava)とは関係ありません。

 

おそらく正しく仮想コンソールを落とさずにネットワークを外したためと思われますが、やはり正しく仮想コンソールを閉じてから新しい接続をしたほうがいいですね。もしくは別のアカウントなら対応できたのかもしれませんが。