ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ボリュームのファイル数が多いとchkdskが終わらない、時間がかかる

Windowsでボリュームのエラーなどをチェックしたり、修復するのにつかわれるコマンドが「chkdsk」ですが、ボリュームのファイル数が多いとchkdskが終わらない、時間がかかることがあります。


ファイル数が多いとなぜchkdskに時間がかかるかというと、以前、問い合わせを行った時にファイルのシャドーコピーがかかると聞いたことがあるのですが、その関係でチェック、修復に時間がかかるので、実行には注意が必要です。


個人的な経験では1日かけても終わらないということもありましたが、もっとすごい人がいました。


こちら。

chkdskを掛けたまま、二週間近く経っても終わりません。

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/chkdsk%E3%82%92%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%81%9F/4e5f3c2b-9e15-49c9-b93d-124a9ac609b6

 

以下は抜粋です。

 

現在、stage4 of 5 で15%(18472 of 266224 files processed) の段階、いったいいつ終了するのかまったく先が見えません。
数ヶ月先の終了をも覚悟で大人しく放置し続けた方がいいのか、いったん強制終了した後、新たに他の策を立てた方がいいのか、皆様のお知恵をお借りしたいと思い投稿させて頂きました。

対象となったPCのOSはWindows 7 UT x64版です。
先日PCの不正終了がおきて以来、起動が遅い・explorerが起動直後から頻繁に5分ばかり立ち往生する・プログラムの起動にやたら時間が掛かる等の症状が出ました。

ファイルシステムの破壊を疑い、システムディスクである128GBのSSDchkdskを掛けたところ、二週間近く経っても終了しません。

 

 

この質問には結局答えがでていないのですが、128GBで2週間は間違いなく異常ですね。ということで大量ファイルを格納しているボリュームのチェックディスクは時間がかかることを留意しておいてください。こういった経験もそうですが、大容量のデータを扱う場合は注意が必要です。ReFSもそろそろ使えるか検証してみたいところですね。