ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-Vマネージャーから仮想マシンを削除すると仮想マシン構成ファイルもなくなる

VMware環境で慣れているとHyper-Vの環境での違いに困惑することがいくつかあります。どちらも使っていると、やはり、VMwareのほうが使いやすい印象があります。


Windowsサーバーがあると無料で構築できるメリットはありますが、選択肢があるならVMwareのほうがいいですね。ライセンス費用が高いので予算との兼ね合いになると思いますが。


そして、ESXiでインベントリを削除して、別のESXiホストで新たに追加するという手順を行う事があると思います。ESXiではインベントリから削除しても、特に問題はありませんが、Hyper-Vの場合は、ちょっと注意が必要です。


というのも、Hyper-Vマネージャーから仮想マシンを削除すると仮想マシン構成ファイルもなくなるからです。


つまり、Hyper-Vマネージャー上から仮想マシンを削除すると、仮想マシン構成ファイルも削除されるので、VMwareで言うインベントリ削除、仮想マシンの登録みたいな作業ができません。


その為、その作業をしたい場合は、仮想マシンのエクスポート、インポート機能を使うことになります。もしくは新規仮想マシンで、vhdx、vhdファイルは削除されないので、そのファイルを指定すればOKです。

 

また、仮想ディスクから仮想マシンを作成する場合も新規で仮想マシン構成ファイルを作成することになります。