ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

CentOS Linux ntp -pコマンドでエラー ntpq: read: Connection refused

サーバー構築時に設定する初期設定の一つがNTPによる時刻同期がありますが、以前、特に時刻がずれていないサーバーのNTPの設定変更をした後に、サービスを再起動して、時刻同期の確認コマンドをたたくとエラーが出力されるようになりました。


対象は、CentOS6、Red Hat Linux6系

発生事象は、ntp -pコマンドでエラー ntpq: read: Connection refused


CentOS7、RedHatLinux7の場合は、Chronyを使っていると思いますので、一つ前のバージョンのOSで発生する可能性があります。


復旧方法として、再びサービスを再起動すすることで、復旧しました。

> /etc/rc.d/init.d/ntpd restart

 

同様にサービスが起動していない時にもエラーが出力されますので、自動起動しておくことですね。

 

個人的なトラブルとしては、chronyが起動していて時刻同期サービスがバッティングしてNTPDが起動しないということもありましたので、CentOS7以降はご注意ください。


また、大幅に時刻がずれている場合は、時刻同期に失敗することがあるので注意してください。