ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Ubuntu16 ntp -pコマンドで「ntpq: read: Connection refused」のエラー

Ubuntu16でNTPの設定を追加して、動作確認の為に、「ntp -p」コマンドを実行して、上位NTPサーバと時刻同期できているか確認を行ったところ、以下のエラーメッセージが表示されました。

 

「ntpq: read: Connection refused」


時刻同期ができていないわけですが、大幅に時刻がずれているわけでもないし、設定も特に問題がなさそうなので、サービスを再起動したところ、問題なく時刻同期されるようになりました。


この事象はubuntuに限らず、RedHatLinux、CentOSでも起こることがあるようなので、「ntpq: read: Connection refused」が表示されて、時刻同期が正常に行われない場合は、サービスを再起動するといいと思います。


また、時刻が大幅にずれているとそもそも時刻同期に失敗するので、大幅にずれている場合は、dateコマンドなどで手動で調整してから再度サービス再起動すると成功すると思います。

 

ただ、CentOS7からはNTPDではなくCHRONYDを使っているケースが多いと思いますので、環境によっては使用されないコマンドになります。