ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware ESXi 5.5、6.0、6.5では2TBを超える仮想マシンディスクをサポート

最近、仮想マシンのディスクの大容量化が進んでいますが、VMware ESXi 5.5、6.0、6.5では2TBを超える仮想マシンディスクをサポートしています。


情報元はこちら

https://kb.vmware.com/s/article/2058287?lang=en_US 

 

VMware ESXi 5.5では、2 TBを超える仮想マシンディスク(VMDK)に対するサポータビリティが導入されています。


vSphere 5.5.xおよび6.0.xでは、大容量仮想ディスクには次のような条件と制限があります。

 

・ESXi 5.5以降のホストが必要です。
・VMFS-5データストアでサポートされる最大VMDKサイズは62 TBに増えました。ただし、VMFS-3でサポートされている最大VMDKサイズはまだ2 TBです。
NFSでサポートされているVMDKの最大サイズは、62 TBとNFSファイルシステムでサポートされている最大ファイルサイズよりも1%小さい値です。


また、ESXi 6.5.x以降では、2 TBを超えるVMDKのホット拡張をサポートしています。

 

大容量ディスクを備えた仮想マシンには、次のような条件と制限があります。

 

・ゲストOSは大容量の仮想ハードディスクをサポートしている必要があります。
・2 TBを超えるディスクは、ESXi 5.5.xおよび6.0.xのホスト、あるいはそのようなホストが使用可能なクラスターにのみ移動またはクローン作成できます。
・データストアの形式はVMFS-5以降、またはNetwork Attached Storage(NAS)サーバー上のNFSボリュームでなければなりません。
・vSphere Flash Read Cacheは、最大16 TBのハードディスクサイズをサポートします。
・VMFS-3ボリュームはサポートされていません。2 TBを超えるディスクをVMFS-5データストアからVMFS-3データストアに移動することはできません。
・フォールトトレランスはサポートされていません。
・vSAN 5.5はサポートされていませんが、vSAN 6.xは62 TBをサポートしています。
・BusLogicパラレルコントローラはサポートされていません。
・大容量の仮想ハードディスクまたは2 TBを超えるディスクを搭載した仮想マシンは、最適な仮想マシンパフォーマンスを得るためにリソースと構成の要件を満たす必要があります。大容量ハードディスクの最大値は62 TBです。仮想ディスクを追加または構成するときは、常に少量のオーバーヘッドを残してください。一部の仮想マシンタスクは大量のディスク容量をすぐに消費する可能性があるため、最大ディスク容量がディスクに割り当てられていると、タスクを正常に完了できなくなる可能性があります。このようなイベントには、スナップショットの作成やリンククローンの使用などがあります。最大容量のディスク容量が割り当てられると、これらの操作は完了できません。
・共有ストレージがない環境では、スナップショットの静止、クローン作成、Storage vMotion、vMotionなどの操作が完了するまでにかなり時間がかかることがあります。
・2 TBを超えるRDMをVMFS-5以外のデータストア、またはESXi 5.5より古いホストに移動することはできません。
Microsoft Windowsオペレーティングシステムが2 TBを超えるデバイスの最大記憶容量に対応できるようにするには、GUIDパーティションテーブル(GPT)パーティションスキームを使用してディスクを初期化する必要があります。
2 TBを超えるVMDKの仮想マシンスナップショットの変更点
・2 TBを超えるVMDKで作成されたスナップショットは、Space Efficient Virtual Disk(SESPARSE)形式になりました。ユーザーの操作は必要ありません。ベースフラットVMDKが2 TBより大きい場合、REDOログはVMFSSPARSE(delta)ではなくSESPARSEとして自動的に作成されます。
VMFSSPARSEまたはSESPARSEでベースフラットディスクを拡張することはサポートされていません。
・VMFSSPARSE形式には、2 TB以上をサポートする機能はありません。
・VMFSSPARSE形式とSESPARSE形式は、同じVMDK内に共存できません。仮想マシンでは、両方のタイプのスナップショットを共存させることができますが、同じディスクチェーンには存在させることはできません。たとえば、2 TBより小さい仮想ディスクと2 TBより大きい仮想ディスクが接続された仮想マシンでスナップショットを取得すると、小さい方のディスクスナップショットはVMFSSPARSE、大きい方のディスクスナップショットはSESPARSEです。
・親ディスクが2 TBより大きい場合、リンククローンはSESPARSEです。