ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Defenderの削除、アンインストールには再起動が必要

Windows Defenderの削除、アンインストールには再起動が必要かどうかということで、Technetに情報がありました。

 

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/26cd533d-2dab-4157-ba88-d2548cf59304/208773621521205289611237512395windows?forum=winserver10TP

 

以下は質問内容です。

 

Windows Server 2016でバックアップの失敗が続いており、メーカーよりWindows Defenderの無効化・除外設定・削除の検討を案内いただきました。

除外設定や無効化では改善が見られなかったことから、Defenderの削除を検討しておりますが、削除にはサーバーの再起動が必要と認識しております。業務影響を考え、再起動すること無しにWindows Defenderを削除したいと考えており、~

 

回答として、再起動が必要とありますので、Windows Defenderの削除、アンインストールする場合は、停止を伴う事を知っておくといいと思います。

 

私の Windows Server 2016 の環境で試してみたところ、アンインストールを完了するには再起動が必要な旨のメッセージが表示されましたので、リンクした手順 (PowerShell から削除実行) は再起動が必要になりますね。

再起動させずに Windows Defender のアンインストールを行いたいとの事ですが、Microsoft が案内しているサポートされる方法では再起動が必要なので、素直にサーバー停止を計画し再起動する事をお奨めします。仮に Microsoft が案内していない方法で再起動させずにアンインストール可能だとしても、アンインストールの正常性は保証されないでしょうし、問題が発生しないとは言い切れないと考えます。

 

ちなみに、役割と機能の削除ウィザードの [機能] 手順で [Windows Defender の機能] オプションをオフにすることで、Windows Defender AV を完全にアンインストールすることもできます。


PowerShell コマンドレットを使って、Windows Server 2016 で Windows Defender AV をアンインストールすることもできるようです。

> Uninstall-WindowsFeature -Name Windows-Defender


再起動をさせたくない場合は、GPOなどで機能を無効にするのでもいいと思います。