ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10のARPテーブルの最大値数、制限についての参考情報

あんまり考えたことがないですが、Windows10のARPテーブルの最大値数、制限についての参考情報があったので、備忘録代わりに掲載しておきます。


情報元はこちら。
WindowsARPテーブルの最大値数について(Technet

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/12cbc934-b898-4e30-b7d1-37746548e2ef/windowsarp?forum=win10itprogeneralJP


Windows(主にWindows10,WindowsServer2008以降)のARP(Address Resolution Protocol)テーブルに制限値(最大値制限)はあるかという質問です。

 

Windows(主にWindows10,WindowsServer2008以降)のARP(Address Resolution Protocol)テーブルに制限値(最大値制限)はあるかという質問です。


こんな事象は初めてですが、ARPテーブルでそんなに数はできないと思いますね。ARPが届く範囲しか情報が登録されないですから。

 

質問の意図は、あるサーバへのネットワーク接続(マイコンピュータからの\\PC名参照やPINGなど)が不定期にできなくなることがあるので、Microsoft Network Monitor 等で通信内容を確認したところARPメッセージを送り続けていました。(ARPコマンドで確認したところ、ARPテーブルが作成されていないようでした)
しばらくするとつながるようになる(ARPテーブルが作成される)のですが原因が分かりません。
*通信をしばらく(10分くらい?)行わないと発生するようです(通信し続けているお発生しません)

通信できないサーバのARPテーブルを確認すると、110個くらいテーブルができています。(100個を超えたあたりから発生し始める感じです)ARPテーブルに最大値があるのかと思い質問させていただきました。

 

そして、回答ではキャッシュサイズはあるようです。

 

この件ですが、ARP tabel sizeは「資料はないがどうも298bytesにみえる」のだそうです(これは信ぴょう性があるかどうか、わかりませんね)。ARP cache sizeを変更することで問題緩和できる可能性があるそうです。Windows XP以前とWindows 7以降で設定が違うようなので、したのページを確認してみてください。


リンク先の情報も参考になります。同様の事象が発生した場合は、参考になるかもしれません。