ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2016 で Windows Defenderをアンインストールする手順

自宅のWindows10にサードパーティー製のセキュリティソフトをインストールすると、デフォルトでインストールされているOS標準のWindows Defenderが無効になりますが、Windows Server 2016ではその動作をしない場合があります。


そこで、Windows Server 2016では、Windows Defenderを無効にするか、もしくはアンインストールする方法があるようです。


これまでGPOで無効にするという対処をしていましたが、今回は、Windows Server 2016 で Windows Defenderをアンインストールする手順を紹介します。


こちらはMSのサイトです。

Windows Server 2016 および2019の windows Defender ウイルス対策 - Windows security | Microsoft Docs

 

サイトによると、役割と機能の削除ウィザードの [機能] 手順で [Windows Defender の機能] オプションをオフにすることで、Windows Defender AV を完全にアンインストールすることもできるそうです。


ここでも書かれていますが、複数のウイルス対策製品が同じコンピューターにインストールされ、アクティブに実行されていると、問題が発生する可能性があるので、サードパーティーウイルス対策ソフトを導入する場合は、機能を無効にするか、アンインストールしたほうがいいですね。


PowerShell コマンドレットを使って、Windows Server 2016 で Windows Defender AV をアンインストールすることもできるようです。
 
> Uninstall-WindowsFeature -Name Windows-Defender
 
また、Windows Defender AV を再度インストールするには、役割と機能の追加ウィザードを使って [Windows Defender] 機能がオンになっていることを確認します。 ここでアンインストールできることを初めて知りましたが、機能として追加されているんですね。 Defenderは使わないから削除したいという方は参考にしてみてください。