ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

NginxにX-UA-Compatible HTTPヘッダーを追加して最新IEバージョンで表示させる

NginxにX-UA-Compatible HTTPヘッダーを追加して最新IEバージョンで表示させる方法について説明します。


古いサイトの場合、IEのバージョンが新しいと表示が崩れる場合がありますが、その対処法として、互換表示を設定すると正常にWEBサイトが表示されるようになることがあります。


互換表示設定は除外もできるので、そこで指定するのも一つですが、NginxでX-UA-Compatible HTTPヘッダーを追加して最新IEバージョンで表示させる方法があります。


参考になる情報がこちら。

How do I add the ‘X-UA-Compatible’ HTTP Header to a NGINX Web Server?

https://docs.microsoft.com/ja-jp/archive/blogs/askie/how-do-i-add-the-x-ua-compatible-http-header-to-a-nginx-web-server

 

上記は原文英語なので、翻訳したものになります。

 

念のために、NGINX Webサーバーを実行していて、 Webサーバーに「X-UA-Compatible」HTTPヘッダーを追加する方法を考えていない場合は、次の手順に従ってください。
1)ワードパッドでnginx \ confフォルダからnginx.confファイルを開きます。
2)server {..}セクションに以下の赤の行を追加して保存します。

server {
listen 80;
server_name localhost;
#charset koi8-r;
add_header 'X-UA-Compatible' 'IE=EmulateIE7';
#access_log logs/host.access.log main;
location / {…
3)NGINXサーバーを停止して再起動します

 

コメントにもありますが、実際はダブルクォーテーションで囲むのが正解だそうで、こちらで動作しました。また、Nginxで最新のIEのバージョンでなるべく表示させたい場合は、以下の設定を行います。 add_header "X-UA-Compatible" "IE=Edge,chrome=1"; 動作確認では、WEBサイトの設定が一番優先され、次にNginxの設定が有効になります。