ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vCenter6 仮想disk毎にストレージを選択してvMotionはできるか

以前同僚から質問を受けた内容で実際に動作検証をしてみたのですが、vCenter6.5の環境で仮想disk毎にストレージを選択してvMotionはできるかということですが、実際にやってみたところ問題なくできました。


仮想ディスクが異なるボリュームにある場合などに使用できます。

 

VMwareのサイトによると、Storage vMotion によって仮想マシンを移行し、仮想マシンがパワーオン状態になっている間に、構成ファイルと仮想ディスクを再配置することができ、仮想マシンのホストは、Storage vMotion での移行中変更することができます。

 

前提条件
システムが Storage vMotion の要件を満たしていることを確認します。『vCenter Server およびホストの管理』ドキュメントの「Storage vMotion の要件および制限事項」を参照してください。

NVIDIA vGPU を使用して仮想マシンを移行する場合は、仮想マシンが実行している ESXi ホストに空き vGPU スロットがあることを確認します。また、vgpu.hotmigrate.enabled の詳細設定が true に設定されていることを確認します。vCenter Server の詳細設定の構成方法については、vCenter Server およびホストの管理 ドキュメントの「詳細設定の構成」を参照してください。

必要な権限: [リソース] > [パワーオン状態の仮想マシンの移行]

手順
仮想マシンを右クリックして [移行] を選択します。
a 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
b [仮想マシン] タブをクリックします。
②[ストレージのみ変更します] をクリックし、[次へ] をクリックします。
仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択します。
仮想マシン ストレージ ポリシーを [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから選択します。
ストレージ ポリシーは、仮想マシン上で実行されるアプリケーションに対するストレージ要件を指定します。vSANまたは Virtual Volumes データストアのデフォルト ポリシーを選択することもできます。
仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。
⑥[設定の確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。

「参考元」
https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.7/com.vmware.vsphere.vm_admin.doc/GUID-8F41B3D6-A299-42A3-A3BC-DCCA90F72D5F.html

 

ストレージvMotion時に詳細ボタンがりますが、そこを選択するとディスク毎にストレージが選択できます。環境によっては複数のストレージを構成していてDBなど分散しているケースなどもあるかもしれません。その場合に参考になるかと思います。