ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

KMSホストエラー0xC004C008 KMS キーがライセンス認証の制限を超えた

Windowsのライセンス認証でMAKキーではなくKMSホストキーを使っている環境では社内にKMSホストがいると思います。

 

そして、KMSホストにライセンス認証を行うわけですが、KMSホストエラー0xC004C008がエラーとしてでることがあります。

 

理由としては、KMS キーがライセンス認証の制限を超えた場合に発生するようです。KMSホストエラー0xC004C008がでることがあります。理由としては、KMS キーがライセンス認証の制限を超えた場合に発生するようです。

 

以前の職場でもKMSキーとMAKキーを一緒にCDに印字していて、しらずにKMSキーを入力して使っていて問題になったケースがあります。いざ使おうとしたら回数制限のエラー。

 

以下の参考にある通り、問い合わせを実施した記憶があります。

参考

0xC004C008 ライセンス認証サーバーで、指定されたプロダクト キーは使用できないことが判明しました。KMS キーがライセンス認証の制限を超えました。 KMS ホスト キーは、6 つの異なるコンピューターで最大 10 回までライセンス認証します。 追加ライセンス認証が必要な場合は、マイクロソフト ライセンス認証専用窓口までお問い合わせください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/activation-error-codes

 
確か以前はもっと回数が多かった気がしましたが、今は6台のサーバーで10回まで使えるんですね。しっかりとカウントされているようなので、無制限ではありません。

 

ちなみにKMSホストはインターネットに接続できない環境で認証する端末が多い場合は導入すると便利です。