ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ADのサブドメインにExchangeサーバをインストールするのは親ドメインに影響があるか

ADのサブドメインにExchangeサーバをインストールするのは親ドメインに影響があるかということですが、テスト環境を作りたい場合に影響があるかどうかですが、通常、Exchangeサーバをドメイン内に導入するとADにスキーマが拡張されるなどの影響がありますが、子ドメインなら影響を受けるかどうかですが、フォーラムでは影響があると書かれています。

 

参考元情報

https://social.technet.microsoft.com/Forums/exchange/en-US/c9c11765-0d2c-4dd2-9258-5fc8c5015570/installing-exchange-2010-for-the-child-domain-only?forum=exchangesvrdeploylegacy


質問内容です。

 

テスト目的でのみ、Exchange2010サーバーをドメインにインストールする必要があります。サブドメイン テスト .mydomain.localがあり、mydomainは現在のADドメインにあります。

シナリオは、サブドメインのみにExchangeをインストールすることであり、インストールは、親ドメインに影響を与えることなく、テストドメインのユーザーのみに対応する必要があります。

それは可能ですか?はいの場合、どのように?

 

そして、回答になります。

 

サブドメインDNS名前空間 のみを共有する別個のフォレストである場合を除き、これは不可能です。

同じフォレスト内のルートドメインサブドメインである場合、Exchange組織をドメイン自体にインストールすることはできません。スキーマの準備とActive Directoryの変更は、フォレストに影響します。Exchange Serverサブドメインにのみインストールでき、サブドメインでのみメールボックスを有効にできます。ただし、スキーマとExchange組織をインストール/アップグレードするときにフォレスト全体の変更を行うことになります。

 

スキーマの準備とActive Directoryの変更は、フォレストに影響すると書かれています。ですので、テスト環境で動作を確認したい場合は、テスト用のドメインで環境を構築したほうがいいですね。Exchangeサーバを構築する場合は、ドメインへの影響を考慮してサブドメインではなく、Exchange用の別ドメインを用意してそちらで構築、テストをしたほうがベターです。


最近ではクラウドのO365を利用するケースが多いと思いますが、オンプレを構築する場合に。