よろづやアンテナ

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Horizo​​n View デスクトップ プロビジョニングがエラーで失敗する(検証、LAB環境)

Horizo​​n View デスクトップ プロビジョニングがエラーで失敗する(検証、LAB環境)場合に参考になる情報です。

 

こちら

 

Horizo​​n View デスクトップ プロビジョニングがエラーで失敗する※英語

https://www.virtualbabu.com/blog/2019/07/16/horizon-view-desktop-provisioning-fails-with-an-error/

 

今日、リンク クローン プールをデプロイするためのマスター マシンを準備し、マスター マシンがリンク クローン デプロイ用のプールにリンクされているプールのプロビジョニング モードを有効にしようとしました。


作成したプールのプロビジョニング モードを有効にすると、マシンの展開が開始され、マシンもドメインに追加されましたが、Horizo​​n Client を介してリンクされたクローン マシンにログインしようとすると、デスクトップがリソースは現時点では使用できません。コンソールを確認したところ、マシンがカスタマイズ状態になっていることがわかりました。その後、失敗したというエラーがスローされ始めました。すべての構成が問題なかったので、これは私にとって非常に懐疑的になりました。

 

リンクされたクローン マシンの RDP を取得し、マシンの View-Composer ログを確認しようとしました。その後、マシンの View Composer エージェントがソフトウェア ライセンスのアクティベーションに失敗したことがわかりました。

ビュー コンポーザ エージェントの初期化エラー (16): ソフトウェア ライセンスのアクティブ化に失敗しました (5 秒待機)

 

 

次に、リンク クローン マシンとして展開した仮想マシンのライセンスを取得するための KMS サーバーまたは MAK キーがないことに気付きました。

通常、展開と製品のテストを行うラボ環境であるため、カスタマイズプロセスが発生したライセンスプロセスをスキップすることを考えました.

 

そのため、ライセンスのアクティベーションまたは検証をスキップするには、展開前にマスター マシンでいくつかのレジストリ値を微調整する必要がある場合があります。マスター VMレジストリの変更を行う前に、必要なレジストリのバックアップを作成し、可能であればマスター仮想マシンのスナップショットも作成します。

 

For window 10 and below: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmware-viewcomposer-ga 

 

For Window 10:
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Services\vmware-viewcomposer-ga 

 

 

上記のレジストリ パスの下で、レジストリ値 SkipLicenseActivation に移動し、デフォルト値を 0 から 1 に設定します。

 

注 :上記の方法は、適切なライセンス方法でマシンをデプロイする必要があるため、実稼働環境にはお勧めできません。この方法は、POC または LAB インフラストラクチャで実行するのに適しています。

 

本番環境ではなくライセンス認証ができない場合などに参考になりそうです。

 

VMware vSAN 7.0 U3 Deep Dive (English Edition)