ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Ansible で自動化できる Windows の管理操作

Ansible で自動化できる Windows の管理操作ということで、今後、多くのWindows製品の一括設定だったり、管理ができるようになり、運用を効率化する仕組みを取り入れるといいかもです。

 

例えば、RedHatによると、こんなことが自動化できます。

 

Ansible で Windows を自動化する | Red Hat

 

Red Hat Ansible Automation Platform の Windows サポートを使用すると、以下のことができます。

 

MSI のインストールとアンインストール
Windows 機能の有効化と無効化
Windows サービスの開始、停止、管理
・ローカルユーザーとグループの作成と管理
・Chocolatey パッケージマネージャーによる Windows パッケージの管理
Windows の更新の管理とインストール
・リモートサイトからのファイルの取得
PowerShell スクリプトのプッシュと実行

 

 

現在、Ansibleは勉強中ですが、日本語の情報がそこまでないので、苦戦していますが、今後、構築、運用で効率よく展開する方法などを紹介していきたいと思います。

 

Windows 専用モジュールも用意されているそうです。

 

Ansible モジュールのほとんどは Linux マシンと任意の Web サービス向けに作成されています。これらのモジュールは Python で記述され、そのほとんどは Windows では機能しません。

このため、Windows ホスト上での実行を目的とした、PowerShell で作成された Windows 専用モジュールが存在します。 

ユーザー固有のモジュールを作成したり Ansible Playbook を使用することで、Windows システムの自動化やタスクのオーケストレーションを行えます。Ansible Playbook は YAML 形式のファイルで、Playbook に含まれる一連の構成とタスクにより、Ansible、WindowsLinux ターゲットホストで最終状態を達成します。

 

まずは、初期構築に関する情報を集めていきますので、整理でき次第、アップしていきます。

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE技術基準適合/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年12月時点 (ブラック)