ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server2019ログインスクリプトがApexOneのドメインツリーに表示されない

Windows Server2019ログインスクリプトがApexOneのドメインツリーに表示されない事象に関する情報になります。

 

情報元はこちらです。

Windows Server 2019 Login Script does not appear in Domain Tree - Apex One

 

概要
Windows Server2019で実行されているApexOneサーバーの場合、以下に示すように、ログインスクリプトドメイン情報が表示されない場合があります。

 

分析と根本原因
この問題は、ログインスクリプトがSMB 1.0 / CIFSファイル共有サポート機能を必要とするコンピューターブラウザサービスに依存しているために発生します。

 

Windows Server2019ではSMB1.0 / CIFSファイル共有サポート機能がデフォルトでオフになっています。この機能をオンにすることもできますが、非常に脆弱であるため、オンにすることはお勧めしません。

 

 

①Domain Controller ServerのC:SYSVOL\domain\scripts\へ移動します。
②以下のスクリプトの内容でOFCSCAN.BATを作成します。
\\ApexOne_Server\OFCSCAN\AUTOPCC

 

③「Server Manger」→「Tools」→「AD Users and Computers」→「Users」と進みます。
④ログオン スクリプトを設定するユーザー アカウントを選択します。
⑤ユーザーアカウントを右クリックし、プロパティ>プロファイルを選択します。
⑥「Logon Script: OFCSCAN.BAT」で「適用」→「OK」をクリックします。

これにより、対象のUser AccountのLogonにApex OneをインストールするためのLogon Scriptが適用される。

⑦対象のUser Accountでテストログインを行い、Apex Oneのインストールが行われるかどうかを確認することができる。

 

SMBv1をインストールしてComputer Browsing Servicesを有効にする(推奨しない)。

 

①サーバーマネージャー>管理>役割と機能の追加ウィザードを開く。
②「機能」の項目で「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」にチェックを入れ、インストールを続行します。
再起動が必要な場合があります。

③services.mscを確認し、「Computer Browser」サービスを探して実行します。
このサービスが正しく実行されるまで待つことをお勧めします。

④ログインスクリプトを確認します。
Microsoft Windows Networkでドメインを表示するためのプラスのアイコンが表示されているはずです。

引き続き、ログインスクリプトをご利用ください。

 

Anker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー 搭載 USB充電器 5000mAh) 【PSE技術基準適合/コンセント 一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】 iPhone iPad Android各種対応 (ブラック)