ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi6.7からエクスポートしたOVFを6.5より前の環境にデプロイできない エラーで失敗

ESXi6.7からエクスポートしたOVFを6.5より前の環境にデプロイできない、エラーで失敗という事象がありました。以前の認識では仮想マシンバージョンを旧環境に合わせれば仮想マシンが移行できる認識でしたが、エラーがでて失敗します。

 

海外のフォーラムで原因が分かったのですが、ようやくKBとしてでていたので、その情報を共有します。

 

情報元はこちら。

 

タイトル:Unable to deploy an OVF from a 6.7 environment (67724)

https://kb.vmware.com/s/article/67724

 

以下は機械翻訳後の抜粋です。

 

「症状」

6.5環境で6.7環境からOVFを展開しようとするか、6.7 Webクライアントを使用すると失敗します。
Webクライアントでは、次のメッセージが表示されます。

"Deployed an OVF with NVRAM is not suportted (incompatible vCenter version)"

 

 
OVFtoolを使用すると、ovftool.logに以下が表示されます

"2019-02-12T16:15:31.101Z verbose OVFTool[70000E045000] [Originator@6876 sub=Default] Bad return code from POST request: 500
2019-02-12T16:15:31.108Z verbose OVFTool[109AE45C0] [Originator@6876 sub=Default] Exception thrown:
N5boost16exception_detail10clone_implINS0_19error_info_injectorI16OvfToolExceptionEEEE(Bad response code (500) from POST request)"

 

 「原因」
6.7環境の仮想マシンからエクスポートされたOVFには、4種類のファイルが含まれるようになりました
・NVRAM
OVF
VMDK
MF
 
6.5環境からエクスポートされたOVFは、NVRAMファイルを生成しません。6.7 HTML5クライアントのみがNVRAMファイルを認識するため、他のものを使用してOVFをインポートすることはできません。
 
「解決方法」
これは予想される動作です。6.7環境で作成されたOVFテンプレートは、NVRAMファイルを含むOVFのインポートをサポートするため、vSphere Client(HTML5)を使用して6.7環境にのみデプロイできます。
 
「回避策」
6.7環境からOVFをエクスポートする
OVFファイルを編集し、以下のすべての行を削除します。これらは、6.7の新機能であり、以前のvSphereバージョンと互換性がありません。
 

<File ovf:id="file3" ovf:href="<VM Name>.nvram" ovf:size="8684"/>
<vmw:ExtraConfig ovf:required="false" vmw:key="nvram" vmw:value="ovf:/file/file3"/>

 

OVFtoolを使用する場合は、必ずskipManifestCheckを使用してください。これにより、NVRAMへの参照を削除した後にOVFを作成できます。このコマンドがないと、OVFツールはマニフェストファイルを確認できず、エラーになります。

 

まとめると、6.7の新しい機能であるnvram行を削除することでインポート可能になりました。OVFtoolを利用することもできますが、仮想マシンの編集が手順的には簡単でした。