ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware 仮想環境でOSインストール時に「This hardware is not supported by RedHat」の表示

VMware 仮想環境でOSインストール時に「This hardware is not supported by RedHat」の表示がされる事象がありました。利用したOSのバージョンが古いことが影響していると考えられますが、調べると以下の情報がマッチしているようです。

 

VMware の RHEL6.3、6.4、または 6.5 ゲストで "UNSUPPORTED HARDWARE DEVICE: CPU" と表示される

https://access.redhat.com/ja/solutions/1220743

 

以下は抜粋です。

 

新しい Intel CPU の VMware ESXi5.x で RHEL6.3、6.4、または 6.5 をゲストとして実行すると、インストーラーが停止し、以下のエラーダイアログボックスが表示されます。

[Unsupported Hardware Detected]
This hardware (or a combination
thereof) is not supported by Red
Hat.  [**Review**] タブを使用してテストログおよび結果を提供する方法については、
supported hardware, please refer
to http://www.redhat.com/hardware.
             [OK]

 

新しいVMware環境に古いOSをインストールすると表示される可能性があります。今回は、CentOS6.5以下の古いOSを使用しました。

 

「OK」を押下することで先に進めることができます。

 

サポートされる情報は以下で確認できます。

https://access.redhat.com/ecosystem/search/#/category/Server?ecosystem=Red%20Hat%20Enterprise%20Linux

色々と調べると、OKで押下後にCPUなどの組み合わせによってはOSが起動しないという事象もあるようです。サポートされる組み合わせで利用するのが正解ですが、移行などで場合によってはサポートされない組み合わせで利用しなければならないケースもありますし、まずは事前に新しい仮想環境で古いOSが起動できるかテストが必要ですね。