ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

servaでPlease go to 'System Menu/Settings'~available servicesの意味

昔、ネットワークエンジニアをしていた時によく利用していたのが「3Cdeamon」ですが、ダウンロードしようとしたら、ダウンロードが難しくなっています。そもそも、公式から提供がなくなっているんですね。


利用も難しそうなので、新しいソフトウェアを探していたら「serva」を発見しました。

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2011/2012/2016
バージョン:
3.0.0(2016/05/03)

 

関連ファイルを合わせてもサイズが2メガバイト程度で、インストール不要なためUSBメモリーに入れて使えるサーバーソフトです。

利用できるサービスはHTTP / FTP / TFTP / DHCP / DNS / SNTP / SYSLOGです。他のPCにOSをネットワークインストールするためのサーバーとしても機能するので、システム管理者にも便利なツールとして利用できます。

 

なんと、HTTP / FTP / TFTP / DHCP / DNS / SNTP / SYSLOGが使える優れモノ。PC端末にインストールできるので、インフラエンジニアの方でサーバと簡単な試験をしたい場合にも便利です。例えば、SYSLOGサーバを建てれば、実際にSYSLOGが飛ばされているかどか、どういったログが出力されるかなどが確認できそうです。なんと、HTTP / FTP / TFTP / DHCP / DNS / SNTP / SYSLOGが使える優れモノ。PC端末にインストールできるので、インフラエンジニアの方でサーバと簡単な試験をしたい場合にも便利です。例えば、SYSLOGサーバを建てれば、実際にSYSLOGが飛ばされているかどか、どういったログが出力されるかなどが確認できそうです。

DHCPDNSは使う事はなさそうですが、、、簡易的にテストをしたい場合に便利ですね。そして、よく使いそうなFTPの使い方です。使い方は簡単なんですが、知らないとつまずくところもあるので、FTPの接続ができるところまで手順を紹介します。

フリーソフトのservaの使い方】まず、公式サイトからファイルをダウンロードします。
http://www.vercot.com/~serva/download.html

 

「Serva_Community_64_v3.0.0 Serva_Community_32_v3.0.0 Serva_Pro_v3.0.0」で「Serva_Community_64_v3.0.0」をクリックします。

 

32ビットPCと64ビットPC、そして有償版に分かれています。

 

任意のフォルダーにダウンロードします。そして「Serva64.exe」を実行します。

 

無償版はこの画面が表示されます。有償版を利用する場合は「Get Serva Professional」をクリックしますが、無償で使いたいのでそのまま放置。画面左下の「X secs」がゼロになったらクリックできます。

 

ここが分かりにくかったのですが、画面左のアイコンをクリックして、「Settings」をクリックします。

f:id:merrywhite:20200716173216j:plain

 

画面の中央に「Please go to 'System Menu/Settings'and configure any one of the available services」と表示されていてそもそも起動に失敗しているのかと思って、管理者で起動してみたり、色々としてみましたが、画面左上にあるアイコンから設定するだけの話でした。


最近のフリーソフトは開発が止まっているものや、バージョンが更新されなくなっているものもあるので、有償でもいいのでいいソフトがあれば助かりますよね。

 

このソフト使い方にちょっと癖がありますが、慣れると色んな機能が使えるのでおすすめですよ。