よろづやアンテナ

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ワークグループのWindows Serverで Windows タイム サービスが勝手に停止する、起動しない

ワークグループのWindows Serverで Windows タイム サービスが勝手に停止する、起動しないって話が昔あった記憶があって、調べなおしました。

 

情報元はこちら

ワークグループ コンピューターで W32Time が起動しない - Windows Client | Microsoft Learn

 

以下は抜粋です。

 

===

この記事では、Windows Time サービスがスタンドアロン環境で自動的に開始しない問題に対する回避策を提供します。

 

適用対象:   Windows 7 Service Pack 1,Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   2385818

 

現象
Windows 7Windows Server 2008 R2以降のバージョンを実行しているワークグループ コンピューターでは、Windows Time サービスはシステムの起動直後に停止します。 この問題は、スタートアップの種類が手動から自動に変更された後 でも 発生 します。

 

原因
この問題は、Windows タイム サービスが Trigger-Start サービスとして構成され、Windows 7 および windows 7 および Windows Server 2008 R2 で既定の設定として実装されている場合に発生します。

サービスとバックグラウンド プロセスは、システムのパフォーマンスに大きな影響を与えます。 このTrigger-Start Windows 7 および Windows Service 2008 R2 に実装され、システム上の自動開始サービスの総数を減らしています。 目標は、パフォーマンスの向上や消費電力の削減など、システム全体の安定性を向上させる方法です。 この実装では、Service Control Manager が拡張され、特定のシステム イベントを使用してサービスの開始と停止を処理できます。

===

 

 

まず、前提としてバージョンは Windows 7 Service Pack 1,Windows Server 2012 R2 とあり、2016以降は問題ないですね。サーバを構築していてこちらの事象を最近、意識したことがないので、問題ないと思います。さすがに放置はしていないですよね・・・。

 

===

回避策
システム起動時に Windows Time サービスを開始するには、次の方法を使用します。

方法 1

コマンドを実行して、既定の設定として登録されているトリガー イベントを削除し、Windows タイム サービスの [スタートアップの種類] 設定を [手動] から [自動] に sc triggerinfo w32time delete 変更 します。

方法 2

コマンドを sc triggerinfo w32time start/networkon stop/networkoff 実行して、環境に合ったトリガー イベントを定義します。 この例では、IP アドレスがホストに与えられるかどうかを決定します。 次に、サービスを開始または停止します。

方法 3

Windows タイム サービスのスタートアップの種類を[手動] から [自動] (遅延スタート) に変更します。

===

 

Windows Server 2012 R2ももう少しでサポート終了になりますし、今後、気にする情報ではないですね。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185CG 小型 電池寿命最大12ケ月 無線マウス M185 グレー 国内正規品