ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

GoogleChromeを誤って閉じても、以前の画面に復旧できる設定

色々とブラウザを使ってきて、やっぱりGoogle Chromeが一番使いやすい気がしますね。


仕事でもIEは重すぎて正直、微妙ですし、やっぱりGoogle Chromeが便利。私はブログを更新する際に、よくインターネット検索をするので、IEを使っていると時間が無駄にかかるので、基本はChromeを使っています。


ただ、Chromeは起動し続けて、使っているとたまに重たくなる事があります。そこで、キャッシュを消したり、ブラウザを再起動する事があります。


まず、キャッシュを消す方法は、


《キャッシュを削除する手順》

①ブラウザのツールバーChrome メニュー Chrome menu をクリックします。
②[その他のツール] を選択します。
③[閲覧履歴を消去] をクリックします。
④表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。
⑤上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間を選択します。すべて削除するには、[すべて] を選択します。
[閲覧履歴データを消去する] をクリックします。


よくネットサーフィンをする人は、キャッシュがドンドン貯まっていくので、定期的に削除する事をオススメします。


続いて、Chromeのタブを落とさずに再起動する方法は、


アドレスバーに、以下を入力して、エンターを押下します。
 
 

《ブラウザを再起動する手順》

chrome://restart 



上記方法であれば、タブをそのままの状態でブラウザを再起動する事ができます。Chromeの画面の表示がおかしくなったり、プラグインが動作しなくなったりした場合に便利ですね。


そして、Google Chromeでよくやる、間違ってブラウザを通してしまう事に対する対処法です。


IEの場合、複数のタブを起動している場合、「すべてのタブまたは現在のタブを閉じますか?」とメッセージがでますが、Google Chromeは表示されずに閉じれてしまいます。


色々と調べ物をしている時に、間違ってブラウザを閉じると結構、ショックですよね。。。


そこで便利なのが、タブの起動状態を保存する機能があります。この設定をしておけば、誤ってブラウザを閉じてしまっても、起動したときに、前回の起動状態が復元されますので、便利です。


《起動時前回開いていたページを開く設定手順》

①ブラウザのツールバーChrome メニュー Chrome menu をクリックします。
②[設定] を選択します。
③[起動時] 下にある[前回開いていたページを開く]にチェックを入れます。


これで誤ってブラウザを落としてしまっても、タブの状態が残るので安心してりようできます。

 

Excel 最強の教科書[完全版]??すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

新品価格
¥1,564から
(2020/7/23 13:57時点)