ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi6.5 「ポートを使用して起動および停止します」はNTPサービス停止から起動に設定が必要

サーバー仮想化基盤で時間のずれを防ぐために、NTPサーバを参照する構成になると思いますが、仮想サーバは、一部動作では、ESXiと時刻同期することになります。そして、ESXiはその際に、仮想サーバが大幅な時刻のずれをなくすために、NTPサーバと時刻を同期します。


そして、ESXi6.5でNTPの設定をする際に、「ポートを使用して起動および停止します」と設定した場合に注意が必要ですが、この設定をした場合は、NTPサービス停止から起動に設定が必要になります。


NTPサービス起動ポリシーは、以下の3つがあります。

・ポートを使用して起動および停止します
・ホストと連動して起動および停止します
・手動で起動および停止します


まず、「手動で起動および停止します」は選択肢としてないと思います。「ホストと連動して起動および停止します」を選べばESXiホストの起動時にサービスが起動します。


「ポートを使用して起動および停止します」を選んだ場合は、一度、サービスを起動しないと、停止したままになるので注意が必要です。


うっかりサービスを起動していなくてNTPと時刻同期されていない・・・なんてことにならないように、時刻同期の確認はしておきましょう。


ちなみに、ESXiで時刻同期を確認するコマンドは以下になります。

# ntpq -p


ここでサービスが起動しないと、NTP情報が表示されないので、確認の為に実行しましょう。