ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V LinuxゲストOS rebootコマンド時のトリプルフォールトエラー

Hyper-V LinuxゲストOS rebootコマンド時のトリプルフォールトエラーがでる事象に関する情報です。

 

情報元はこちら

[Hyper-v]トリプルフォールトエラーについて

 

以下は質問の抜粋です。

 

下記環境にてエラーが発生しております。動作上影響が出ているわけではないのですが、何か情報ございませんでしょうか。

Hyper-Vホスト:windows server 2008 R2 SP1 Enterprise

仮想マシンRedhat 5 (統合ツール2.1インストール)

windows Server 2008 R2 SP1 Enterprise (統合ツール3.1インストール)

 

エラー内容:Hyper-V-Worker ID:18560

仮想プロセッサでの修復不可能なエラーによりトリプル フォールトが発生したため、'RedHat57' はリセットされました。問題が解決しない場合は、製品サポートにお問い合わせください。(仮想マシン ID 873A1AB2-3257-4634-850F-DCB5505A1861)

 

現在わかっていることといたしましては、仮想マシン(RedHat)のOS上にて”reboot”コマンド実施時の仮想マシンリセット処理時に発生しており、"shutdown -h now"および仮想マシンの"シャットダウン"では発生しません。また、Windowsサーバでは発生しておりません。

 

rebootということは仮想マシンが起動するというところが差異としてありますね。

 

 

続いて、回答内容の抜粋です。

 

仮想マシンLinuxマシン側でshutdown -r nowやrebootコマンドを実行すると、下記のイベントログが出力されますが、Hyper-V側でシャットダウンと起動をすればイベントログは出力されません。

●イベントログ

仮想プロセッサでの修復不可能なエラーによりトリプルフォールトが発生したため、'仮想マシン名'はリセットされました。


●Power-Shellコマンド

Stop-VM -Name 仮想マシン名 -Force

Start-VM -Name 仮想マシン

 

はっきりはわかりませんが、これは出力されてしまうのでエラーを出したくない場合は、運用回避しかないような感じですね。

 

バッファロー マウス 無線 ワイヤレス 5ボタン 【戻る/進むボタン搭載】 小型 軽量 節電モデル 最大584日使用可能 BlueLED ブラック BSMBW315BK