ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

HP製Windows10のPCを1809にアップデートで起動しない、ブルースクリーン

いつになってもWindowsUpdateって怖いですね。自宅のパソコンは自動でアップデートがかかりますが、メーカーによってはバグで起動しないなんてことがあるそうです。


HP製Windows10のPCを1809にアップデートで起動しない、ブルースクリーンになる事象が報告されています。情報元はこちら。

HPキーボードドライバ(バージョン11.0.3.1)のインストール後、HPデバイスにブルースクリーンエラーWDF_VIOLATIONが発生することがあります。

適用対象: Windows 10、バージョン1803 Windows 10、バージョン1809


概要です。
 
マイクロソフトとの共同作業により、マイクロソフトWindows 10バージョン1803および1809上の特定のHPデバイスと互換性がないことが判明しているHPドライバーを特定しました。10月11日、マイクロソフトWindows Updateからドライバーを削除し、影響を受けるデバイスの数を減らしました。また、 再起動を保留しているデバイスから互換性のないドライバを削除するためにKB 4468304をリリースしました  。HPはこの問題に積極的に取り組んでいます。 


症状として、Windows Updateまたは手動でHPキーボードドライバー(バージョン11.0.3.1)をインストールした後、HPデバイスブルースクリーンエラーが発生する場合があります:WDF_VIOLATION。



対処方法は紹介したKBをご確認ください。HP製のパソコンを利用している場合は注意してください。

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 フルサイズ 薄型 テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270