ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

コクヨ しゅくだいやる気ペン 子供の頑張りが色でわかる最新技術の学習道具

子供も小学生にあがってから宿題をやるようになってから、いつの間にか大きくなったなと感じることがあります。まだ、小学生なので、レベルは難しくはないので、妻が勉強を教えていますが、やっぱりいつの時代にもそうですが、子供は宿題が嫌いです(笑)

 

私も夏休みの宿題は最後まで残していた記憶があります。勉強を頑張りだしたのは中学生くらいですかね。小学生の時はのびのびと育てたいですが、妻は教育熱心なので塾も検討しているようです。

 

コクヨ しゅくだいやる気ペンという子供の頑張りが色でわかる最新技術の学習道具が作られたそうです。

夏休みといえば、子どもにとっては山に、海にと楽しみ盛りだくさんでありますが、これまでの勉強の復習をするよい機会でもあります。小学生の子どもが補習のお知らせをもらってきて白目をむいている我が家なんかは特に……!

今回ご紹介するのは、夏休みの宿題や家庭学習のサポートにピッタリだという「しゅくだいやる気ペン」。なんでも、勉強への取り組みを「やる気パワー」として“見える化”してくれるのだとか!

そうそう、まず欲しいのはやる気なのですよ。やる気、大事! しかし、スーパーサイヤ人じゃあるまいし、やる気パワーを見えるようにするだなんて可能なんでしょうか……。

【目で見える「やる気パワー」】
「家庭学習の習慣化をサポートする」というコンセプトのIoT(モノのインターネット)文具として登場したコクヨの「しゅくだいやる気ペン」。

市販の鉛筆に取り付け、専用のアプリと連動させて勉強すると、それが「やる気パワー」として蓄積され、溜まった「やる気パワー」に応じてペンのLEDの色が10段階に変化するのだそう。これが「がんばりがひと目でわかる」というものですね。

【アプリとの連携も】
さらに、「やる気パワー」を溜めることでスマホのアプリ内のキャラクターが力を得て、すごろく形式の「やる気の庭」を進んでいくそう。全18ステージでさまざまなアイテムを収集でき、子どもが自然とやりたくなる仕様になっているのだとか。

“パワーを溜める”とか”アイテムを集める”って、子どもが好きそうなワードです。ちょっとしたゲーム感覚もあって、小学生ぐらいの子なら楽しく勉強に取り組めそうですね。

【家庭学習の習慣化に!】
事前モニター調査では「子どもが自ら家庭学習するようになった」と答えた人が約8割にのぼるという「しゅくだいやる気ペン」。税抜4980円というお値段がちょっと躊躇してしまうところですが、子どもの家庭学習の習慣化を目指す人は取り入れてみるのもいいかも!
https://www.excite.co.jp/news/article/Pouch_587493/


面白いコンセプトですね。その商品がこちら。

f:id:merrywhite:20201218071442j:plain



商品の説明
●「しゅくだいやる気ペン」は、スマートフォンのアプリと連動して、子どもの日々の努力を「見える化」することで、勉強への意欲を高めていくために開発された商品です。
●センサー付きアタッチメントを鉛筆に取り付け、ペンを動かした時間に応じて溜まった「やる気パワー」をスマホアプリに取り込んで可視化します。
●楽しい親子のコミュニケーションのきっかけをつくることで、家庭学習の習慣化をサポートします。●iOSアプリ専用。
●iOS11 以上。
●本品は内蔵型充電式電池を採用しております。
●国内で一般に販売されている六角形の鉛筆で、面対面の太さが7~8mmのものを目安としてお選びください。
●鉛筆は同梱されておりません。
●充電方式:USB充電(マイクロUSB)
●電池時間:約2時間●連続稼働時間:約5日間 ※1日40分の宿題を想定
●本製品は内蔵型充電式電池を採用しております。
●本体寸法:15・23・107
●重量:約19g
●対応OS:iOS11 以上
●セット内容:本体・USBケーブル・取扱説明書・スタートアップガイド

しゅくだいやる気ペン iOS専用 KOKUYO